【稲取金目鯛の姿煮】

伊豆を代表する魚金目鯛。稲取ではお祭りやお祝いの席でお頭付の祝い魚として用いられています。その金目鯛を、地元で愛され続けている郷土料理のスタイル煮付けとして大平荘自慢のたれと煮方で金目鯛の姿煮をお出し致します。こってり濃厚の味わい!どうぞご賞味下さい。

【稲取金目鯛】

稲取港に水揚げされる金目鯛は稲取沖合水深200~500メートルの海底を漁場とし数日漁に出る遠洋ではなく漁に出たその日のうちに水揚げされる近海ものです。立縄釣りによる漁法で(漁一尾ずつ丁寧に魚を取り扱うため、魚体に与えるダメージが少ない。)築地など日本の市場ではブランド金目鯛として高値で取引されています。